強い痛みや長期間続く痛みをかかえておられる場合、その痛みに対して非常に敏感になっている方が多くいらっしゃいます。
そんな不安になっている時に、私自身が経験していない治療を口だけで説明しても、患者様には不安しか伝わらないのは事実です。
そういう時こそ「私の身体ではこういう結果になりましたから、安心して施術を受けて下さい。」と伝えるだけで、患者様も安心して頂けます。
そのため、当院では私たちの身体で検証していない治療は、患者様に施術しておりません。
当院では、患者様に不快な思い、不安な思い、痛い思いをさせず、必ず私たちの身体で検証した治療を致します。

交通事故後の症状には「むち打ち症」もありますし、骨折・捻挫・脱臼・打撲などがあります。
私自身もスポーツをしてきて、今現在もスポーツトレーナーとして活動しています。
スポーツをしているアスリートたちも、交通事故ではないですがスポーツによる怪我で交通事故後のような「むち打ち症」の症状になるアスリートもいます。その場合、アスリートには怪我受けた状況や症状から治療を施術していきます。その治療が交通事故の患者様にも応用できるのではないかと思っています。そこで当院では、交通事故患者様に対しても怪我を受けた状況や症状をしっかりカウンセリングし、患者様ひとりひとりに合わせた施術を行っています。
アスリートたちは、早く練習に戻らないといけないため、早く治癒するように治療します。これは、交通事故患者様にも言えます。早く痛みを治癒し、日常生活に戻ってもらいたいと思っています。


鍼灸師となって7年、さらに柔道整復師となって4年。そしてこの5月、京都府亀岡市に「つぼい鍼灸整骨院」を新規開業したばかりの私ですが、この業界に入るきっかけはスポーツによるケガでした。
私は陸上競技を行っていて、地元の高校から南丹市の明治国際医療大学に進みました。大学時代は三段跳びや走り幅跳びに打ち込み、京都学生対校選手権などの大会でも優勝や入賞を果たすことが出来ました。
選手時代のケガは度々でしたが、ケガを通じて自分の体のコンディションを自分で整えるようになったことが、この仕事に興味を持つきっかけでした。
今でも陸上競技は続けていて、自分のコンディションをいろいろ調整し試したりしていますが、それをトレーナーとして付いているスポーツ選手の患者さんの施術に反映しています。
現在主に、アメフト、新体操、陸上、野球などの学生スポーツのトレーナーを行っています。
そんな中、これまでのトレーナー経験の中で特に印象深いのは、ある中学陸上部のことです。
この陸上部での仕事は、主にケガの施術とコンディションを整えることでした。自分自身中学時代から陸上部で、大会ギリギリまでケガをしている状態も別に普通の話、というスポーツ選手の日常によく通じていましたから、トレーナーを担当した2年の間にこの部が全国大会に出場したのは喜びでした。
その後選手たちも中学を卒業し、みんなバラバラの高校に通っていますが、全国大会出場以上に嬉しいことは、今でも陸上の大事な大会がある時は遠くからでも私に診てもらいたいと彼らがやって来ることです。
中でも5月の新規開業をを前に中学時代エースだった子がわざわざ会いに来てくれて、「開業する時は自分をカルテナンバーの1番にして欲しい」と言ってくれた時には感動しました。
今後もやはりスポーツ施術をメインにやっていきたいと考えています。その中で、スポーツ障害の施術を通じて得たスキルや経験を一般の患者さんの施術にも反映できたらと思っています。
院名 つぼい鍼灸整骨院
院長名 坪井 良寛
住所 〒621-0803 京都府亀岡市河原町145-1
電話番号 0771-20-1427
休診 日・祝、水曜午前、土曜午後
駐車場 有(5台)
院長 坪井 良寛
学歴 衣笠保育園
ひかり幼稚園
南つつじヶ丘小学校
東輝中学校 陸上部
亀岡高等学校 陸上部
明治鍼灸大学 鍼灸学部
京都医健専門学校 柔道整復科
明治国際医療大学大学院 博士前期課程
資格取得 柔道整復師
はり師
きゅう師
鍼灸学修士
挨拶 私自身、陸上をするなどスポーツをしてきました。自分の経験を活かし、自分の身体で施術や身体づくりの効果を検証したうえでアスリートたちに自信をもって指導、施術を行っています。現在も高校・大学をはじめ、他方面でトレーナーとして活動させていただいています。
治療は、アスリートに限らず、小さなお子様からご高齢者の方にまで、私のこの経験を活かして施術をしています。

 

松井美樹(まついみき)
柔道整復師